点検修理

スポーツや舞台系の撮影で使うキヤノンの望遠レンズですが、この所どうも解像感の無さとピントの甘さを感じて、メーカーに点検修理を出しておりました。

結果としては…やはり解像力低下です。光学機器である以上、その使用環境等でどうしても不具合も出てきます。そんな時はいち早く点検修理です。次の撮影が待ってますからね。

どんな高価なレンズでもきっちり調整してベストな状態にしていないと本領発揮は出来ません。道具があっての我々フォトグラファーですから、何よりも大事なレンズやボディと、その状態を把握して常にベストコンディションで撮影に望みたいものです。

2019年10月01日 | Posted in 日々 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)